みなみ風の吹く裏庭で。

旅行やグルメや好きなもの

石垣島・竹富島、六日間の女子旅~ねじりハチマキ泡盛編~

石垣島に初めて行ったときのこと、忘備録です♪

 いろいろあって超楽しかったけど、ここでは簡単にまとめます^^

 

目次

 

 

 

1日目:福岡から、幼馴染と直行便でGO!!石垣島へ!

 

f:id:minami-saya:20190202021331j:plain

 

私は、沖縄大好きで、今まで10回以上旅行しているのですが、いつも本島ばかり。

離島は初めてでした!

 

 

飛行機を降りたときの本島とは違う暖かい空気、嬉しくなりますよね(*^_^*)

 

この日はなんとおきて、喉痛、鼻水、、、風邪ひいてました。

今後の思いやられる旅の幕開けでしたが、飛行機は無事到着。

幼馴染が、空港で有名なおにぎりを買いたい!!と。

やる気満々の幼馴染、さっそく「じゅーしーかまぼこ」(200円)なるものを買います。

 

f:id:minami-saya:20190202024936j:plain

レンタカーを借りて、マエサトビーチへ!!海辺の草むらでおにぎりをむさぼりました。

f:id:minami-saya:20190202021511j:plain

写真は、マエサトビーチ前の草むら。

原始人感強めです

 

私も買いましたが、じゅーしーという沖縄ならではの炊き込みご飯のようなものがかまぼこみたいなので包まれていておいしかったです。

 

次に、リハロビーチカフェなる場所へ!

海を見ながら島バナナと黒糖のケーキを食します。

f:id:minami-saya:20190203102623j:image

次は、フサキビーチ

すごい風!!!大きな頭が飛ばされそうでした!

人物写真は風のおかげで、ほぼ髪の毛か、ほぼ顔面のみという人に見せたくないシロモノとなりました☆彡

海はもちろんきれい(*^_^*)

f:id:minami-saya:20190203102726j:image

ベッセルホテルに宿泊、夜はたけさん亭で石垣牛でした♪(*^^)うまー

 

 

2日目:石垣島を散策♪

まずは沖縄そばで有名どころの明石食堂

やっぱりぎょうれつでした~。。

でも、ソーキそば、おにくがとろっとろです♪並んだかいがあった…並んでる間は、女子なら自撮りなんかでまあ潰せますw。

 

f:id:minami-saya:20190202031016j:plain

そして、かの有名な川平湾へ!!

f:id:minami-saya:20190202021543j:plain

なーんの加工もしてないので、あまりきれいさが伝わらないかなあ?

 

そんで車を返して、バスでルートイングランティアというホテルへ☆

 

公設市場を探索して、大量に買い物。

夜は、「おやじ」なる居酒屋でオリオンビールで乾杯です>v<♡

f:id:minami-saya:20190203102827j:image

島らっきょ大好きなんですが、次の朝まで口臭マックスに。

いいんです、だって幼馴染との女子旅だもの。。

らっきょくさくていい旅なんて最高じゃないですか?!

 

 

3日目:ついに竹富へ!

喉の痛み・鼻水は悪化の一途をたどっていましたが、石垣パワーでそんなの関係ねェと踊りながら竹富へ!

 

港から……恐怖の船の出発です。

この時、なんと台風近づいており、揺れはマックス。転覆するかとおもうほど揺れましたが、めちゃくちゃ三半規管の弱い私でも、10分くらいなので耐えられました!

酔いやすい方、安心してください。バスでもすぐ酔って毎日出社後グロッキーになってる私でも耐えられます。

 

f:id:minami-saya:20190202031555j:plain

着いた竹富は……楽園です(*^_^*)

 

f:id:minami-saya:20190202032210j:plain

まずは、水牛車で島内を散策。

 

いたるところにブーゲンビリアとハイビスカス✾

f:id:minami-saya:20190202031853j:plain

道端にばなななってました。

 

そして、小浜荘へ!!

f:id:minami-saya:20190202032307j:plain

シークワーサージュースをウェルカムドリンクとして出してもらいました。

テンションあがる―!!

 

それから自転車を借り、ぜーーったい行きたかったコンドイビーチへ。

f:id:minami-saya:20190202021649j:plain

信じられない色。

 

クリームソーダ色って言われてるんですって。納得ですよね。

クリームソーダならあたしが全部飲み干すのに。。

 

こんな色の海は初めて見て、本当に本当に感動しました。

「天国じゃ」とつぶやいちゃう景色です。

 

ちなみに島内は自転車レンタル一択です!車レンタルはないんですよ~~

 

チロリン村でマンゴージュース、カニフでソーキソバを食べたら、今度はカイジ浜で星の砂拾い。

なんど星の砂が風に飛ばされて苦汁を飲んだことか。。

一時間近く集中して可愛い星の砂をとりました☆

 

次は、小浜荘に戻って夕ご飯です。
小浜荘は小さな民宿。隣とはふすま?みたいので区切られてるだけで、隣の音はほぼ筒抜けですw。シャワーも三つくらいだったかな?順番に入ります。

でも、最高でした。

お父さんの手作りの晩御飯。

f:id:minami-saya:20190202021807j:plain

ほんとにおいしいの!!

おとうさんの手料理が大好きでした。

f:id:minami-saya:20190202031718j:plain

てんてんの可愛さよ。。

老犬だったみたいで、今は亡くなっちゃったみたいですが(>_<)

この表情はもうたまらん。

 

ご飯が終わったら、一人旅で来ていたおじさん3人、東京から来ていた30歳くらいの男の子3人、姉妹で来ていた2人、一人旅で来ていた女性とみんなで「ゆんたく」しました!

中庭があって、そこでゆんたくできるんです(*^_^*)

おじさんが、「こーひーと泡盛を割るといいよ」と泡盛やおつまみを差し入れしてくれました(*^_^*)

飲んだ後は、みんなでなごみの塔までお散歩。初めて会った人たちなのにとっても心地よい。

 

明日には帰るのか。。とさみしくなりながら就寝しました。

この時は…

 

 

4日目:台風でフェリー欠航

 

朝起きて食堂に行くと「フェリー欠航だよ」と。

ええええー?!

外を見るとすごい風です。

返れまテン。こうなったらのんびり島暮らしするしかない。

朝から自転車でコンドイへ。超絶荒れてます。雨はなぜか降ったりやんだりなので外出はできる感じ。


なごみカフェでタコライスを食べて、一度小浜荘に帰宅。

f:id:minami-saya:20190202034640j:plain


おじちゃんが、いっしょにかき氷を食べに行こうと誘ってくれたけど、おなか一杯過ぎて、部屋で寝ることに。

 

夜ごはんはまたお父さん手作り。

f:id:minami-saya:20190202034553j:plain

めちゃおいしい。

ゆんたくでは、東京の男子三人が小梅太夫の物まねを披露してくれたりして盛り上がりました。この日はさんぴん茶と泡盛を割って飲みました。

あまった泡盛をもらって、部屋で友達と再度飲みます。

なぜかテンションが上がり、タオルを頭に巻いて、スーパーフライごっこをしました。三十路超えてやばいやつですが、「旅の恥はかき捨てよ!」が、みなみ家代々の家訓です。

f:id:minami-saya:20190202044218j:image

ちなみに、次の日の朝、 隣の部屋のおじちゃんに「昨日夜すごいわらっとったね」と言われ、スーパーフライごっこは筒抜けだったことが発覚しました。あんなに小声でしゃべって笑いもかみ殺していたのに。。

 

 

5日目:まさかのこの日も全便欠航。

 

さて今日は帰る日かーと、荷物をまとめて10時半ごろ。

「フェリー全便欠航」(^v^)

もう笑いが出ますよね。

荷物を再び部屋にぶちまけ、自転車で島内散策です。

ランチはガーデンあさひでラフテー丼。

f:id:minami-saya:20190202044331j:image

コンドイビーチへ行き、台風で流れ着いたヤシの実を発見!かにもいました(^v^)

漂流物を一通り物色しました。

 

夜ごはんを食べたら、再びみんなで泡盛で乾杯3日目ともなると本当に仲良くなました。

みんなで、ホタルを探しに行ったり、道路に寝転がって星を見たり

台風なのに、なぜか晴れてるんですよね。

 

 

 

6日目:石垣島へ戻る

やっとフェリーが動き、再び転覆しそうになりながら石垣島へ帰ることができました。

 石垣島でも1泊。

この日には、風邪のつらさがマックスに…。ホテルで休息をとります。

 

友達は、小浜荘で仲良くなった方に会いに行っていました。

コンドイビーチで拾った流木を、小浜荘に忘れたため、その方が届けてくれたんですw。友達の流木に対する熱意はすごかったです。

 

 

7日目:石垣島→福岡へ

ついに帰路につきます。3泊4日の予定だった旅が、6泊7日になりました。

まだ台風の影響で飛行機は揺れましたが、なんとか帰還です。

 

 

おわりに

本当に一生の思い出に残る旅になりました。

f:id:minami-saya:20190202031825j:plain

 

心が溶け出すような海の色と、温かい人たちと、空気。今でも写真をみると匂いまでしてくるような懐かしさを感じます。

 

民宿での出会いや経験も、宝物になりました。このとき友達になった方とは、今でもインスタでつながっていたり、年賀状のやり取りをしたりしています。

 

少し疲れたな、という方、毎日ビル街で頑張って仕事をしている方、ぜひ、心をコンドイビーチに溶かしに行ってください。 

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村