みなみ風の吹く裏庭で。

旅行やグルメや好きなもの

みなみの必殺沖縄攻略ガイド&裏ワザ

 こんにちわ(^v^)

 沖縄旅行が大好きで、毎年1・2回は行くみなみの、必殺沖縄攻略ガイド&裏ワザ特集です。

 

いくらかの知識があれば、より楽しい沖縄旅行になるはずです。今までの経験を惜しみなく披露するので、ぜひ参考にしてくださいねー。

f:id:minami-saya:20190205014924j:image

目次

 

①ズバリ沖縄に行くベストな時期は?!(みなみの独断と偏見です。)

 

○第一位 6月下旬~7月上旬!

梅雨入りの早い沖縄は、6月の終わりごろには大体梅雨が明けます。そして、夏休みに入る前まで!夏休みに入ってしまうと、飛行機も宿泊費もぐっと高くなります。この時期は、台風もあまり来ません。

10月ごろもギリギリ海に入れるくらいの温度でいいのですが、10月のほうが少し、台風が来る可能性が高いです。その際は、飛行機が飛ばない可能性はあるので覚悟しておきましょう。

 

○第二位 11月・12月上旬!

海に入らなくてもいいという人には、料金も安いし、12月上旬でも長袖があれば過ごせる気温も嬉しいです。

寒いところから、暖かいところへ降り立った時の嬉しさは何とも言えないものがあります。

梅雨に加え、1-3月あたりは、経験上曇りや雨が多いです。真っ青な海を見るのがメインだよ?!と強く思うなら避けた方がいいかもしれませんね(^v^)

 池間島の青い海

 

 

②ホテルは大きなリゾートホテル?小さなお宿?ビジネスホテル?

 

○大きなリゾートホテルは、やっぱりテンションが上がります!値段は、時期によって大きく変わるところも多いです。オフシーズンに安く泊まれたらラッキーかも?!

リゾートホテルのオーシャンフロントから見える絶景

 

 

○小さなお宿は、オーナーさんや、他の宿泊者の方との交流があったり、暗めのところにあれば星がきれいに見えたりなんていうメリットがあります。(大型ホテルの周りはやっぱり明るいのです。。)

小さな個人経営のお宿では、シーズンによっての値段の変化がないか少ない場合があります。ってことは、こちらはオンシーズンの旅行ではお得ってことになりますよね(*^_^*)

「フクギ並木の民家」

 

○ビジネスホテルは、那覇に泊まるときに利用するのがほとんどでしょう。個人的には、歩いて国際通りにいければ高くてきれいなところでなくても十分です。飲んだあとにモノレールやタクシーを使わず帰れるところがいいですね(*Ü*)

 

沖縄が初めての方は、大型リゾートホテルから攻略していき、きっとまた沖縄に来たくなると思うので、その時はすこし個性のある小さなお宿に泊まるなんてのもいいかもしれません。

3泊以上する場合は、大型ホテルと小さなお宿を組み合わせると、両方の気分が味わえて楽しいですよ(^v^)

 

ただ、ツアーで旅行に行く場合には、大型のホテルもしくわビジネスホテルしか選べないこがほとんどです。

ホテルを選ぶときには、じゃらんだけ・るるぶだけと一つのサイトを見るのではなく、それらのサイトを全部値段比較してくれるサイトで最安値を狙いましょー☆

例えば、真似したくなるCMでおなじみの「ホテルなら、とりばご」とか。 

 

世界中8000万人が利用する話題のホテル検索サイト『トリバゴ』

 

まあ、比較できるサイトならどこでもよいと思います(*^_^*)

 

 

 

③ツアーで行くのか、航空券とホテルを別々にとるか。ツアーの注意点。

この場合のツアーとは、添乗員さんがいるとかではなく、航空券+宿泊代(+レンタカー)のパックを申し込むということです。

 

ツアーは、旅行会社に任せるので、簡単で安心です。台風で飛行機が飛ばない時もお金は戻ってきます。

かといって、個別でとるのは大変か、というとそうでもありません。好きなLCCを使いたい、好きなホテルに泊まりたい、長期で行きたいという時には個々で予約して思う存分楽しみましょう。台風で飛行機が飛ばなくなった場合も、航空券はもちろんですが、ホテルも飛行機の便名を告げ欠航が確認されると、キャンセル料は取られないことがほとんどです。

時期や行きたい場所でも、どちらがお得になるかはその時によって異なるので、両方調べてみるのが一番いいでしょう。

 

ここでひとつ注意点です。

ツアーの料金を調べるときは、飛行機の時間によってプラス料金が発生することを忘れずに!ツアーは最安値の値段が表示されており、早めの便で行って帰りの日は遅めの便で帰りたい、となると数千円変わってくることが多いです。

また、ホテルは選べてもその中でランクの高いホテルはそれだけプラス料金が設定されていますし、人気のホテルは売り切れていることもあります

必ず飛行機の時間と、ホテルを設定したうえで値段を出してみましょう。

 

パックツアーのサイトはこんな感じです ↓

全日空で行く 格安ツアーはスカイツアーズ

安いのでみなみはスカイツアーをよく使います。

 

 

色々な航空会社の航空券を比較できるサイト↓ (他の比較サイトでも全然OK(*^_^*)

 

 

④ツアーの帰着日変更(延長)を利用しよう!

LCC以外で、旅行をしようと思った時、ツアーを使った方が航空券が安く上がる!ということはよくありますよね。

でも、ホテルが好きなところを選べない。。

そんな時は、帰着日の変更が可能なツアーを探しましょう例えば、一泊二日のツアー(往復航空券+一日目のホテル宿泊代)を申込み、帰る日を変更して2日目からのホテルは自分の好きなところを予約すればいいのです!延長可能な日数はツアーによっても違うと思うので、注意してください。

 f:id:minami-saya:20190205015428j:image

 

⑤レンタカーは必須なの?

 レンタカーは、できればあった方が良いと思います。海に行くにも、森カフェに行くにも、遺跡を見に行くにも、おいしいご飯やさんに行くにも、テーマパークに行くにも、車が必要ですし、いろいろみたいなーとわくわくして赴くならぜひとも車と運転できる人を獲得して旅に出ましょう(*´∀`)-3

 

レンタカーも、会社によって値段が全然違うので、いくつかの会社を比較できるサイトで必ず確認しましょう。

 みなみのよく利用する比較サイト↓

 

 

逆に、大きなホテルでのんびりしたいな、という人は、那覇空港からホテルまでのリムジンバスを利用することもできます。海辺のリゾートホテルでゆっくり過ごすのも、セレブのようで贅沢ですよね!

 

 

 

⑥(余談)沖縄はこんなもの持って行ってると便利だよ。

 自撮り棒:まずは、自撮りする方は自撮り棒ですね。景色も自分も撮りたい!というときはかなり役に立ちます。

CD:レンタカーは、スマホの接続ができない場合もあります。ドライブ時間の多い沖縄は、音楽必須!夏の曲や懐メロ編集をして持っていけば、海沿いの道も爽快さが増します。

雨天兼用傘:急な雨があったり、日差しが強かったり。カバンに余裕のある方は持っていきましょう。海辺では、風が強いので傘も帽子も注意です。

ビーチサンダル:海に入る予定はなくても、砂浜を歩くなら持って行った方がいいでしょう。沖縄で島ぞうりを買うのも思い出になります。

ウォータープルーフの日焼け止め:これは基本の基です!

美白パック:女性は日焼け、気になりますよね。ホテルで夜にパックするだけでもなんとなく気休めになるもんです。

f:id:minami-saya:20190205015604j:image

 

いかがでしたか?

みなみの大好きな沖縄☆いままでの旅行で感じたことをまとめてみました。楽しい旅の参考になれば幸いです\(^o^)/

 穏やかな透明な海の浅瀬を歩く女性

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村