みなみ風の吹く裏庭で。

旅行やグルメや好きなもの

marimekkoのトートバック(エコバック)を誕生日に。

デザインが特徴的なフィンランドのブランドとして有名なマリメッコ。

 

友人の誕生日に可愛いマリメッコのトートバックをプレゼントして、とても喜ばれたので、今回は、マリメッコのトートバック紹介です☆

 

目次

 

 

マリメッコとの出会い

マリメッコを初めて知ったのは、小学生の時におばあちゃんからもらった布団カバーです。

 

その布団カバーは、子供の絵がたくさん描いてあるプリントで、幼心に「なんてユニークな柄の布団カバーなのだ。」と思った覚えがあります。

 

おばあちゃんは、90を過ぎても毎日パックをしたり、三越に洋服を買いに行ったりするおしゃれなイケイケばあちゃんでした。

 

その頃の私には、まだマリメッコの可愛さがピンと来ていなくて、「さすがおばあちゃんのセレクトは個性的だ……」と思っていました。

 

 

今となっては、マリメッコが大好きです♡。(さすが孫。)

 

 

 友人へのプレゼント

トートバッグ(エコバッグ)は、幼馴染の誕生日プレゼントを探していた時に出会いました。

 

私は、プレゼントをするのが好きなんです。

身近な人に喜んでもらえるのがすごくうれしい。

 世の中にこんな可愛いものがあるんですーちょっと見てくださいません?!、っていう気持ちもあったりで。

 いいものをあげたくて、毎年、幼馴染と両親の誕生日プレゼント探しには時間をかけてしまいます。(毎年、雑誌の研究から始めます。)

 

 

エコバックは、買い物をするときにもいいし、遊びに行くときにも使うしたくさんあっても場所をとるわけでもないしと思い、「今年はこれだ\(゜ロ\)(/ロ゜)/!!」と決意。

 

 

マリメッコ特有の柄は、好き嫌いが分かれるかも?と思い、幼馴染には水玉模様をあげました。

f:id:minami-saya:20190211203611j:image

マリメッコ トートバック ラシィマット

 

大正解でした♡

幼馴染は、まずマリメッコにテンションが上がり、後からもラインで「いつも、ナイスなセンスのものを選んでくれてありがとう!!これで買い物がんばる。」とメッセージをくれました。

 

 水玉模様と言いましたが、これ「ラシィマット」という名前の柄だそうです。

フィンランドの夏の別荘で使い続けられているラグからインスピレーションを受けてデザインされたとのことです。

そう言われると、よけいにかわいらしく見えます(♡v♡)

イメージって大切ですね☆

 

 

自分用にもトートバックを購入

プレゼントしたあと、私も欲しくなって自分で購入(^ ^)。

私はマリメッコーーなお花柄にしました✾✾✾。

f:id:minami-saya:20190211195151j:image マリメッコ トートバック ウニッコ

 

生地もしっかりしているし、夏はこれをメインバッグにして出かけたりもします。

折り畳み傘もペットボトルも何でもかんでもポイポイ入れられちゃうのでめんどくさがりの私には便利なんです!

仕事のとき荷物が多かったりしても使ってました。


f:id:minami-saya:20190211195203j:image

f:id:minami-saya:20190211195229j:image

 

旅行の時にも持って行って、荷物が増えても対応できるように。

そして、写真に写っても絵になるように(*^皿^*)。

 

 

 

 

とっても便利だったので、女性へのちょっとしたプレゼントにはおすすめかなぁ、なんて思います。

 

いいものを長く持ちたい!って思うので、ちょっとずつお気に入りを自分の周りに増やしていってます☆

 

 

 

備考: ネットショッピングする時、楽天やアマゾンが送料がお安いですが、雑誌(LEEやBAILA、マリソルなど)をよく買うのであれば、雑誌を一緒に買うと送料がタダになるみたいなので、こちらもおすすめ↓

marimekko flagshop Marisol公式通販