みなみ風の吹く裏庭で。

旅行やグルメや好きなもの

私の好きな、おすすめ猫の本2冊(と猫漫画)~村上春樹『ふわふわ』『ニャアアアン!』等

犬を飼っていますが、ネコも好きです。

 

柔らかくてしなやかな体に、何を考えているのかわからない神秘的な瞳。

 

猫は、古代エジプトでは神聖な生き物として扱われていたそうです。

中世ヨーロッパでは、精霊・魔法使いの使い魔としても扱われていたようで、昔の人も猫の不思議な魅力を感じていたんですね~。

 

 

そんなわけで、今回は猫に関するおすすめな本を2つ挙げたいと思います!

ついでに、漫画も!

 花とネコ

 

『ふわふわ』

村上春樹・文  安西水丸・絵

 


ふわふわ (講談社文庫) [ 村上春樹 ]

 

こちらは、村上春樹さんの作品です。

あまり有名ではないかもしれませんが、好きな一冊。

 

村上春樹さんが飼っていた、猫の緞通(だんつう)のお話です。

「だんつう」とは、中国の上等な絨毯のことらしいです。

f:id:minami-saya:20190427051645j:image

すばらしい文章。 小さい頃の猫との情景が、自分の中に懐かしくよみがえってくるような感覚です。

 

そしてずいぶん多くのことを、いのちあるものにとってひとしく大事なことを、猫から学んだ。

幸せとは温かくて柔らかいことであり、

それはどこまでいっても、変わることはないんだというようなことーーたとえば。

一番心に残っていた文章です。

これを読んだからか、私にとっての“幸せ”というものも「あたたかいこと」が大きな要素となっています。

 

非常に短く、難しい漢字にはふりがながふってあるので、小学生でも読めると思います。

いつかネコを飼うことがあれば、私もだんつうっていう名前にしたいなぁ(オスなら)。

f:id:minami-saya:20190428045513j:image

 

 

『大事なことはみ~んな猫に教わった』

絵+文:スージー・ベッカー 訳:谷川俊太郎

 


大事なことはみーんな猫に教わった 谷川俊太郎(訳者),スージーベッカー

 

こちらも、絵と短い文で構成された本です。

f:id:minami-saya:20190427045859j:image

f:id:minami-saya:20190427045906j:image

f:id:minami-saya:20190427045913j:image

 

どのページも、「ふんふん。…うふふ。」と思ってしまう。ユニークなんです。

 

猫の表情もとても愛らしくて好きです。

谷川俊太郎さんの訳もいいんですよね~。

 

こんな風に生きれたら、清々しいだろうなぁ。

 

「きゃわわ~♪」とつぶやきながら、ついついページをめくってしまいます。

 現在は、中古しかないみたいでしたが、とっても良い本です。

 

 

猫の漫画

その他にも、猫の漫画で好きなのは、

『きょうの猫村さん』『ニャアアアン!』

などがあります。

 

 

『きょうの猫村さん』

作:ほしのよりこ

 


きょうの猫村さん(1)

 

猫の家政婦のじんわり系漫画。

f:id:minami-saya:20190427053208j:image

(P16) 

 

鉛筆画っぽい感じが何とも言えません。

猫村さんのしゃべり方も、少し上品で可愛いです。

 

 

『ニャアアアン!』

 作:鴻池剛

 


鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!

 

ツイッターをフォローしていた方の漫画。

f:id:minami-saya:20190427052854j:image

(P88)

 

ネコを飼う苦労も喜びもわかる内容。 シュールな笑いです。

 

 

おわりに

実は小さいころ、猫が怖かったのですが、大人になるにつれて大丈夫になりました。

 

猫のように

“ソフトに。 クールに。 神秘的に。

そこにいるだけで、誰かをいい気持にできるように”

なれたらいいですね。

 (大事なことはみ~んな猫から教わった、より)

 

なんだか猫に会いたくなりました。

野良猫探そう…。 

多分逃げられるけど…。

ネコ

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村