みなみ風の吹く裏庭で。

旅行やグルメや好きなもの

宮古島旅行で伊良部島のホテルcafe&yado como(カフェアンドヤド コモ)に宿泊!

大雨、みなさん大丈夫ですか~?? 

みなみは、靴をぐしょぐしょに濡らしたまま一日履いていたら、ドブ以下の匂いがしてきたので、一足捨てたところです。

 

今回は、宮古島旅行で宿泊したホテル【Cafe&Yado COMO】について。

素敵で落ち着ける空間だったので、レビューをしたいと思います♪

 

宮古島旅行①はこちら

www.minamiuraniwa.com

 

 

 

 

ホテルに到着!

コモに到着したのは、17時!

新城海岸でシュノーケリングを終えてからの、伊良部島入りでした。

カフェの方に車を止めると、女性のスタッフさんが出てきてくれて、宿の駐車場を教えてくれました。

笑顔の素敵な優しそうな方。

 

カフェ&ヤド コモ

庭側からホテルを撮った写真です。

入口・駐車場は反対側。

私が予約したのは、3部屋あるうちの小さい方の部屋。(真ん中の部屋です!)

料金は、1万円/人でした。

 

部屋に入ると、まず目に飛び込んできたのは海の見える大きな窓です。

cafe&Yado COMO

沖縄旅行に来た時には、やっぱり海が見えるホテルが嬉しい。

1泊だけでも、海の見えるところに泊まりたいです。

 

お部屋はそんなに広くはないけど、清潔でセンスが良くて、居心地がいいです!

f:id:minami-saya:20190730011939j:image

綺麗にベッドメイクしてあります。


f:id:minami-saya:20190730010756j:image

小さなテーブルのついた椅子もあり。

 

 

お風呂、トイレ、洗濯機…室内の設備は?

<トイレ>

f:id:minami-saya:20190730011136j:image

 

<シャワー室>
f:id:minami-saya:20190730010734j:image

小さい方のお部屋は、バスタブがありません。でも、沖縄旅行でバスタブに入ったことないので、むしろ快適でした。

 

だって、ユニットバスだと、バスタブ内で体洗うことになるでしょ?

そうすると、シャワーカーテンが体に触れて気持ち悪かったり、バスタブの下が滑りやすかったりするんですよ。

 

バスタブなしで気持ちよく体が洗えました。

(大きい方のお部屋には、バスタブもあるそうです。)

 

シャンプー・コンディショナー・ボディーソープも、ハーブ系のいい香りのものです!試供品をもっていかなくても大丈夫ですよ♪

 

 
<洗濯機・冷蔵庫・電子レンジ>
f:id:minami-saya:20190730010904j:image

嬉しいことに、洗濯洗剤・洗濯ネットも用意されています。

そして、洗濯機は、風乾燥あり!

 

2時間乾燥をかけてから、夜に室内で干していたら、翌朝には乾いていました。

冷蔵庫の横には、ハンガーかけがあります。
f:id:minami-saya:20190730010857j:image

小さめの木の洗濯物干しもありましたよ~!タオルが干せそうな感じ。

 

 

その他のアメニティは?

カフェアンドヤドコモ アメニティ

ティファールが置いてあって、コーヒー・さんぴん茶がありました。

冷蔵庫の中には、お水も用意されていたのが嬉しかった~、これで安心して、美味しいコーヒーが飲めますよね。

 

上の方には、ばんそうこうや小さい金庫も!

f:id:minami-saya:20190730032109j:image

ナイトウエアは、普通は用意されてないようです。

私は、宿泊前に電話でナイトウエアをお願いしておいたので、ベットの上に用意してくれていました!

 

広げてみるとこんな感じ。
f:id:minami-saya:20190829000227j:image

これは、女性用です。男性用はどんなのなのかな?

ボタン等はなく、上からひもで留めるような感じなので、盛大にはだけます!絶対はだけたくない人は、自分で持って行った方がいいかも。

 

枕は、ふわふわと少し固めのものが、2種類
f:id:minami-saya:20190730011950j:image
これも嬉しいです!

私は、ふわふわが苦手なので、少し固めを使いました。

枕の高さや硬さが気になる人、意外と多いかも?!

 

バス系アメニティーは、歯ブラシ(毛が多くていい感じだった)・くしボディスポンジなど。

体を洗うものも、あると嬉しいアメニティ上位ですね!

 

タオルは、今治でふわふわでとても気持ちがいい物でした!

 

アメニティではないけど、沖縄のヤモリも見かけました。玄関横の外壁に小さなヤモさん(タモさん風)。

 

なんと、夜には室内からも鳴き声が!!Σ(゚ω゚ノ)ノ

たぶん、窓を開けたりしてたんで入ってきたんでしょうね~。

少し怖かったけど、室内では姿は見せずでしたよ!

 

 

プライベートビーチ

庭の方?に出ると、ビーチへの道が。
f:id:minami-saya:20190730011117j:image

おされ写真が撮れた~♪

ビーチまでは、徒歩1分ってとこです。計ってないけど…もっと短いかも。近いです。

少し、段差のある斜面を降りると、可愛いビーチがお目見え。
f:id:minami-saya:20190730011152j:image

波は少し高いような気がしました。

膝くらいまで浸かってみましたが、お魚は見当たりませんでした。

 

奥の方で、シュノーケリングしている方がいたので、もう少し遠くまで行けばお魚がいるのだと思います!


f:id:minami-saya:20190730010805j:image

かわいい貝はたくさん落ちていましたよ!

コモ プライベートビーチ

 


「zakka como」なる雑貨屋さんもあり

宿とカフェの間に、雑貨屋さんもありました!

f:id:minami-saya:20190730011113j:image

やちむんや海外の雑貨などが売っていました。

私は、小さなお皿を購入。醤油皿にするつもりですが、今のところ出番なし。

 

 

「cafe como(カフェ コモ)」でディナー!

あー、宿からすぐの所でご飯が食べられるという、気軽さと安心感。

f:id:minami-saya:20190730010739j:image

暮れかかった、19時に伺いました。

内装は、おしゃれで、木の感じがほっとする。
f:id:minami-saya:20190730031650j:image

テラス席もありました。

が、先客さんがいたので、店内に座ることにしました。

 

店員さんは、イケメンのお兄さん。

 

宮古島の地ビール「とぅりば」は香りがよくてフルーティー!

こちらで乾杯しました。
f:id:minami-saya:20190730011945j:image


一番気に入ったのは、「まぐろのスモーク」です。

これ、ホントに美味しかった~!!
f:id:minami-saya:20190730010605j:image

 

島らっきょう、カルパッチョ、ガーリックパン、宮古牛のハンバーグ、島野菜のピクルス、クリームチーズ。

どれもこれも美味しい!

f:id:minami-saya:20190730031546j:image

 

宮古島の豚と鳥のレバーのテリーヌ。
f:id:minami-saya:20190730010700j:image
昔は苦手だったレバー。ほんのり香るレバーが、今は美味。


シークワーサーサワーには、本物のシークワーサーが入っていて、さっぱりして甘みもちょうどよく、美味しかったです。
f:id:minami-saya:20190730011106j:image

 

 

夜は天の川が見えるかも?!

天気ばかりは分かりませんが、晴れていれば満天の星空を見ることができます。

宿の屋上は、空がぐるっと見えますが、周りの明かりが少し邪魔をするかも。

 

カフェコモの方の芝生あたりでは、明かりが少なくて天の川がバッチリ見えました。

流れ星もいくつか見ましたよ!

とっても感動しました。誰かと星を見るっていいな~。もちろん一人でも、星を見るのっていいな~。

 

プライベートビーチに降りていけば、さらに暗くてよく見えますが、夜の浜にはたくさんのヤドカリがいました。ちょっとした恐怖。

そして、ビーチまでの道も、足元が危ないので、注意しながら行かなきゃです。

 

寝転んで星を見るために、シートを持っていくと快適だと思いまよっ。

 

 

朝はテラスでコーヒーを。

 

f:id:minami-saya:20190730010928j:image

星を見た後は、ぐっすり寝れて、みなみにしては非常に珍しい、爽快な目覚めとなりました。

お部屋に用意されていたコーヒーで朝のひととき。

鳥も鳴いてて、癒されます。

 

朝食は、予約の時に頼んでおけば用意してくれるそうです。HPからの予約時、と書いてあったけど、じゃらんとか楽天トラベルからの予約時はどうなんでしょうね?

気になる方は、お宿に確認してみてください。

 

朝食も、きっと美味しいんだろうな~と思います(*^_^*)

くつろげる素敵なホテルだったので、宮古島旅行の際は候補に入れてみてはいかがでしょうか♪

 

 

基本情報

ホテル名:Cafe&Yado COMO(カフェアンドヤド コモ)

場所:〒906-0503 沖縄県宮古島市伊良部伊良部758−7

電話番号:0980-78-4980

ホームページ:https://www.cafecomo.net/

 

 

まとめ

いかがでしたか?

決して、リゾートホテルのような煌びやかさはないですが、居心地のいいお宿でした!

 

大きなホテルではなかなか難しい天体観測が出来たり、鳥の声を聴きながらのんびり目覚めたりと、小さなお宿だからこその癒しもあります。

 

また行きたいな~。

民宿も、楽しいですねぇ。

 

宮古島、また早くいきたーーーい!