みなみ風の吹く裏庭で。

旅行やグルメや好きなもの

【福岡観光】『楽水園』へ行く。住吉神社の隣に100円日本庭園。

土曜日、人気の皮膚科に朝一で行くと、なんと2時間半待ちとのことでした。

 

しかたない、近くをぶらぶらしよう。ということで、福岡市博多区住吉にある「楽水園」へ行ってきました!

f:id:minami-saya:20190907120203j:image

 

 

「楽水園」アクセス。住吉神社のお隣!

住吉神社は、街中にある大きな神社です。

博多 住吉神社

キャナルシティからも歩いて行けますよ。

神聖な空気が吸いたくなったら、訪れるといいと思います。

 (夏にのんびりしていたら、20か所ほど蚊に食われたので注意。)

 

そんな住吉神社のすぐおとなりにあるのが『池泉回遊式 日本庭園 楽水園』です!

 

〇博多駅から徒歩12分

〇西鉄バス「TVQ前」バス停より徒歩2分

〇西鉄バス「博多駅前四丁目」バス停より徒歩7分

バスなら博多からはだいたい100円で行けるかな。

 

ちなみに、みなみの一番の目的であった石田皮膚科からは5分ほどの場所。

皮膚に症状があればこちらもどうぞ☆彡

名医であると有名なおじいちゃん先生が見てくれます。

 

 

「楽水園」の基本情報。入園料とお抹茶料は?

『池泉回遊式 日本庭園 楽水園』

博多商人の別荘だった場所。のちに茶室を造り茶に親しんだ。

戦後は旅館としても使用された。平成7年に福岡市が日本庭園として整備・開園する。 

住所:福岡市博多区住吉2丁目10番7号

TEL:092‐262-6665

開園時間:AM9時~PM5時

休園日:毎週火曜、12/29~1/1

入園料:大人100円 子供50円

駐車料:普通車300円(1日以内)

入園料、驚きの100円!リーズナブル!

f:id:minami-saya:20190907120155j:image

お抹茶は、一服300円!こちらも良心的なお値段かと…♪
f:id:minami-saya:20190907120152j:image

お茶なんか、飲む飲む~!

「お茶しよう」が口癖のみなみが飲まないわけないやんね♪

 

 

いざ、楽水園に入園!

f:id:minami-saya:20190907120144j:image

エントランスをレッツラゴ~♪

雰囲気に見合わない、入園のテンションです。

 

こちらが、窓口!

作務衣のおじさんに「入園しますー。」と告げ、100円を渡すと、「抹茶はいかがですか?」と遠慮気味にご提案いただきました。
f:id:minami-saya:20190907120158j:image

そっちから勧めてくれるなんて、ありがたい。

「はい、飲みます!」と即答して計400円をお支払い。

作務衣おじさん「では、園内を見回ってからこちらでお茶をどうぞ~」とのこと。

 

まずはおじさんの言うとおりに園内を見回ります。
f:id:minami-saya:20190907120133j:image

ほう、緑の多い日本庭園。

池があり、中には鯉がいます。
f:id:minami-saya:20190907120148j:image

のようなものも発見。

何水なんだろ。周りはオフィス街だから、山水ではないだろうしなー。でも、ひんやりと気持ちのいい感じです。

 

f:id:minami-saya:20190907142407j:image

園内は、ぐるっと円になっているような作りです。

ササッと見回れば、5分くらいで見終わるかもしれません。

ま、100円なんでね!


f:id:minami-saya:20190907142423j:image

どんぐりが落ちているのを発見!

かじったら苦いんだろうな~。

かじってくれる友達がいたら、嬉しかったけど。


f:id:minami-saya:20190907142410j:image

先ほどの橋を反対側から撮影。

着物や浴衣でも着て橋に立ったら、絵になるかもしれないですね~!


f:id:minami-saya:20190907142444j:image

どこが「水琴窟」なのかサッパリでした。

立札の近くで、耳を澄ませてみたけど、耳鳴りがするだけで聞こえず

たぶん、みなみの耳が悪い。

 

 

お茶室で抹茶をいただく

お庭は堪能したので、お茶室へゴー!!

お部屋は、3つあるようでしたが、空いていたのは2つだけ。

みなみは、一番左の6畳の「椿の間」へ通していただきました。
f:id:minami-saya:20190907142436j:image

ガラス窓から外を眺めてみると、「茶庭」が見えます。
f:id:minami-saya:20190907142428j:image

こちらも、風情あり。


お隣のお部屋は8畳「菖蒲の間」だそうです。
f:id:minami-saya:20190907142415j:image

真ん中のふすまは開いているので、景色が見えました。

 

作務衣マダムがご用意くださったお抹茶さま。ご到着。
f:id:minami-saya:20190907142357j:image

お菓子付きなり。

正座して、礼をしていただきます。作務衣マダムはすぐどこか行くので、緊張せずのんびり食べられます。

 

お抹茶は全然苦くないやつ!

苦虫かみつぶしたような顔で飲むイメージだったが…苦みフリー抹茶もあるのかぁ。
f:id:minami-saya:20190907142418j:image

お菓子は、丸いパフパフのやつと、青ーいしかくいやつ

青の四角は、周りはカリッとしていて、中はゼリーのような味。

いつかどこかで食べたことがあるような、懐かしい感覚にとらわれました。好き

 

さて、食った食ったということで、ふと時計を見ると……なんと、楽水園に入園してからぴったり10分!!

 

病院の待ち時間は、2時間半あるんだぜぇ~?!

これはもう少しのんびりしよう…と、茶室でぼ~っと外をみて、トイレをお借りし、ようやく退室することにしました。

楽水園 博多塀

楽水園を出ると「博多塀」がきれいに並んでいました。焼石や瓦が入った塀です。

 

おわりに

のんびり楽水園を見回って、お抹茶で一服しましたが、滞在時間は20分弱でした。

危なく、10分で出てしまいそうだったので、引き伸ばしてこの時間。

 

お庭はそんな広くないのでね。

すぐ見終わります。

「100円である。」ということを肝に銘じて行くと良いです。

 

ただ、モミジがたくさん植わっていたんです!

これは、秋にもう一度来てみたいなという感じ(*^_^*)

色が変わったころにまた行って、みなさんにレポートできたらいいな!

 

キャナルに用事がある、住吉神社にお参りをする、などのついでに寄るには、落ち着く良い場所だと思いました(^^)/

ちなみに、病院までの時間が余りまくったので、一度家に帰って風呂に入って、録画していたお笑い番組を見てから、また病院へ向かったのでしたっ♪ちゃんちゃん。