みなみ風の吹く裏庭で。

旅行やグルメや好きなもの

ポメラニアンを飼ってみて② いつも笑顔、アルの性格と長所・短所。

今から、7年ちょっと前、うちに来たポメラニアンのアル。

 

今回は、アルの好きなところと「うーん」な所を書き出してみようと思います。

これは、ポメラニアンの長所・短所と似通ってきますので、今後ポメラニアンを飼おうかな〜なんて思っている方は参考にしてみてくださいね♪

 

 前回の記事↓

www.minamiuraniwa.com

 

f:id:minami-saya:20190408173811j:image

目次

 

 

 

アル(ポメラニアン)の好きな所

これは、多くがポメラニアンの特徴から来ているとは思うのですが、個体差もあると思うので上記の表現にしました。

 

①人なつっこさがすごい

どんな人にも、怒ったところを見た事がありません。

散歩中になでられると大喜び。

 

お客さんが来るのも、めちゃくちゃ嬉しいみたいで、飼い主よりもお客さんの膝の上に乗りたがります。そして、舐めまくります。。

お客さんは少し迷惑かもしれないですが、アルは知らない人に可愛がられるのが大好きなのです。部屋の中を走り回って思い切り喜びを表現しています。

 

 

②顔が可愛い

キツネのようなタヌキのような、本当に可愛い顔。

7年間見ても、見飽きない可愛さで、美人は3日で慣れるは嘘だと思います。アルはオスですが。

「可愛い顔〜〜」と数日に一回言ってしまいます。写真のアップに耐えられるのすごい。人間じゃなかなか無理ですよね。犬にとっては普通なのかな。。

私は、2M以下での接写は禁止しています。

f:id:minami-saya:20190406192713j:image

(アップに耐えるアルの図)

 

 

③頭の形が美しいまる

鼻から耳辺りにかけて、額の丸さは秀逸。

頭蓋骨のきれいな曲線も、毛を足す事でのふんわりとした丸も好きです。ちょっと生々しくなっちゃいましたね、表現が。

f:id:minami-saya:20190406191856j:image

 

④陽気である

基本的に、陽気で、横からアルの食べ物に手を出したりしても怒る事はありません。恨みごととかも無さそうです。

これは、陽気さに欠けるみなみとしては見習いたいですね。

 

 

⑤笑顔がはじけている

ポメラニアン好きな人は、この笑顔が好きという方は多いと思います。

犬は口を開けていると笑顔の様に見えやすいですが、顔の構造上か、他の犬にも増して笑顔に見えると思います。

「笑ってるな〜嬉しそうだな〜」と、こちらにまで笑顔が伝染しそうです。


f:id:minami-saya:20190406223601j:image

f:id:minami-saya:20190406223606j:image



 

⑥毛がふわふわ

触り心地のいい毛です。

伸び易いですが、カットしてあげるのも楽しみと言えば楽しみです。カット次第でいかようにも見えるのも面白い所(前回の記事参照)。

 

そういえば、洋服は着せたりしたことがありません。

そういう事をすると楽しいのかもしれないのですが、、未知の領域です。

散歩の途中に頭に花を載せるくらいの事はあります。 

f:id:minami-saya:20190408173909j:image

 

アル(ポメラニアン)の「うーん」な所

 

①興奮し易く、興奮すると鳴く

人が帰ってきたときや宅急便が来たときなど、とにかく敏感で興奮しやすいです。

走ってぐるぐる回ったり、鳴いたりせわしないです。

興奮してしまうと、我を忘れた感じで、命令(お座り・ふせなど)を聞きにくくなります。

 

 

②落ち着きが無い

元気でいい事ですが、動き回っている事が多いです。①にも通じますが、普段から落ち着いているとは言いがたい性格です。

 

 

③寂しがりがすごい

誰かが出かけると寂しくて鳴きます。

人がいるときは、あまり鳴きませんが、人が居なくなるときが一番吠えてしまいます。これは、①もですが、しつけも関わってくるので、アルのせいではないかもしれないですね。ずっと鳴き続ける訳ではなく、一時だけです。

 

鳴いても、よしよししたり、声をかけたりしないで毅然とした態度で接していたつもりですが、なかなか治りません。

f:id:minami-saya:20190406192225j:image

(外に出ると、ずっと窓から見ている。)

 

とにかく、人にべったりで、常に飼い主の近くにいたいので、可愛い所でもありますが、一人にはさせてくれませんよ(^^*)

 

 

まとめ

ポメラニアンは、愛くるしい犬種であると思います。

短所として、鳴きやすい事や、興奮し易い事がありますが、他の犬と比べて特に際立っているのは、興奮し易いというところで、鳴くのは普通ぐらいかなあ、とも思います。

もちろん、しつけが大いに関わってくると思うので、飼い主がきちんとした知識を付けていない事は原因になります。買う前に何冊か本を読んでいましたが、家族で知識を共有したりも必要ですし、なかなか難しいものですね〜。

 

そんな短所をものともすることなく、アルは可愛いです♡

陽気で、笑顔のアルを見ていると本当に癒されます。腰を下ろすと速攻で膝に飛び込んでくるのも可愛い。

帰ると、「そんなに嬉しいもんかね?!」ってくらいに喜んでくれます。

小屋に入れていても、常に飼い主を目で追っているという従順さです。

 

みなみは、どちらかと言うと、ドライな可愛がり方をしていたと思うのですが、それでもこんなに飼い主命・人間命なので、「相棒」にするにはいい犬種かもしれません。

 

動物を飼う事は、大変な事もありますが、それ以上に嬉しい事も多いですね。

これからも、仲良く楽しくやっていきたいと思います。アルが元気で長生きします様に!

 

 

 

前回の記事↓

 

www.minamiuraniwa.com