みなみ風の吹く裏庭で。

旅行やグルメや好きなもの

【沖縄旅行記】石垣島・竹富島① 7日間の女子旅~コンドイビーチはクリームソーダ色。

 沖縄の離島である、石垣島と竹富島に初めて行ったときの旅行記です。

 

仲の良い幼馴染との女子旅でした。

見たことのない色の海や美味しい食べ物、素敵な人達に出会いました。

さらに追加で台風にも出会ってフェリーが欠航になり、3泊4日の予定が、6泊7日になりましたので、書き留めておきます。

 

 

 

目次

 

 

1日目:福岡から直行便でGO!石垣島へ!

10月某日、出発の日。なんと起きて、のどの痛み、鼻水…、風邪をひいている危険あり

母から送られてきたプロポリスを飲んで応急処置をします。(死ぬほどまずい。)

f:id:minami-saya:20190202021331j:plain

今後が思いやられる旅の幕開けでしたが、14時40分、飛行機は無事到着。飛行機を降りたときの本州とは違う暖かい空気、嬉しくなります(*^_^*)

 

幼馴染が、空港で有名なおにぎりを買いたい!と。

さっそく「じゅーしーかまぼこ」(200円)なるものを買います。

f:id:minami-saya:20190202024936j:plain

 こちらが人気らしいのです。

 

「じゅーしーかまぼこ」を握りしめながら、レンタカーを借りて、マエサトビーチへ!

 ちなみに、2人ともペーパードライバーで、命がけの運転です。

f:id:minami-saya:20190525195256j:image

結構人がいます。

 

野生感の強い海辺の草むらがあったので、そこでおにぎりをむさぼることにしました。

f:id:minami-saya:20190202021511j:plain

写真は、マエサトビーチの草むら。

やはり原始人感強めです。友人が石かなんかを振り上げているから余計にでしょう…。完全に火おこしポーズです。

 

じゅーしーかまぼこは私も買いましたが、じゅーしーという炊き込みご飯のようなものが、かまぼこみたいなので包まれていておいしかったです。(そのまま)

 

 

次に、「リハロウビーチカフェ」へ向かいます!

tabelog.com

 

このカフェ、海のすぐ近くなんです!海を見ながらのお茶は、女子旅において欠かせないアクティビティですよねぇ(´∀`)

f:id:minami-saya:20190525195344j:image

 

海を見ながら島バナナと黒糖のケーキを食します。

f:id:minami-saya:20190203102623j:image

海カフェへ行けたことの満足感…。花が乗ってる南国感…。「これこれぇ!」と叫びたくなります。

 

次は、フサキビーチへ向かいます。すでに18時くらいです。

すごい風!!

人物写真は風のおかげで、ほぼ髪の毛か、ほぼ顔面のみという人に見せたくないシロモノとなりました☆

f:id:minami-saya:20190526163713j:image

こわ~(; ・`д・´)

風がおかしい…なんで私には追い風が吹いていて、幼馴染には向かい風が吹いてるんや…。

 

海はもちろんきれいです(*^_^*)あ、曇ってる…

f:id:minami-saya:20190203102726j:image

でもきれい♪

 

 写真を撮って退散しました。

ホテルへ行く前に、マックスバリューに寄ります。幼馴染は、なんと7キロもの沖縄食品の買い物をして自宅へ送っていました。気持ちのいい金使いです。

 

 

宿泊:ベッセルホテル

 

夕食:たけさん亭(2800円/人)

tabelog.com

 

オリオンビールで石垣初乾杯してから、石垣牛の焼肉を食べました♪(*^^)うまー

f:id:minami-saya:20190525195423j:image

 

ベッセルホテルでは、夜な夜な怪しげな南国フルーツ解体ショーが始まります。 

さっきマックスバリューで買ったドラゴンフルーツ

f:id:minami-saya:20190525195520j:image

f:id:minami-saya:20190525195501j:image

なんだか包丁が怖い。

このピンク色の顔を隠しているのを取ると、真っ赤な口で薄ら笑っている女2人が出てくるので、余計に怖いです。 

 

 

2日目:石垣島を散策♪

朝食:ホテルのバイキング

 

さて、2日目も曇天で始まりますが、私たちにとっては特に何の問題もなしです。石垣島にいるだけで楽しいです♪

f:id:minami-saya:20190525200803j:image

それより問題なのは運転なのですが……

見てくださいこの道を。
f:id:minami-saya:20190525200757j:image

助かる~!少し郊外に出ればこのざまです!ペーパー女子の皆さん、安心してください!

 

途中キレイな景色がたくさんです。
f:id:minami-saya:20190525200811j:image
f:id:minami-saya:20190525200807j:image

なんて色ですか!眼福です。

 

ランチ:明石食堂

tabelog.com

結構人気なお店です。後輩から激押しされたので来てみました。

やっぱり行列でした~…。仕方なく写真を撮ったりして暇をつぶしながら並びます。

 

頼んだソーキそばは、おにくがとろっとろでした♪並んだかいがありました。

f:id:minami-saya:20190202031016j:plain

 

食後は、川平ファームで、マンゴージュースを飲みます。

tabelog.com

f:id:minami-saya:20190526163738j:image

濃厚なマンゴージュースは、どうしてこう美味しいんでしょう。

幼馴染は「ミルキーウェイ」っていう夢のある飲み物を飲んでいました。

 

そして、かの有名な川平湾へ!!

f:id:minami-saya:20190202021543j:plain

なーんの加工もしてないので、あまりきれいさが伝わらないかなあ?

 海なの?!っていう、なんだか不思議な光景でした。色がまじりあって、水彩画みたいです。

 

次は、底地ビーチ

底地ビーチ

ここでなんと、海に入ります!風がめちゃくちゃ強くて、ちょっと寒かったんですけど、せっかく買った新しい水着がどうしても着たかったんですよ…。

 

また、写真を撮りまくりました。女子旅あるあるですよね。

 

2つの海を満喫した後は、レンタカーを返却します。次の日から、さらに離島の離島、「竹富島」へ行くからです!

 

 

宿泊:ルートイングランティアホテル

 港に近いホテル。バスで向かいました。

 

荷物を置いてから、公設市場を探索します。

雑貨屋さんで、月桃の石鹸を買いました。このせっけん、肌がつるつるになってすごく良かった…!

友人は酒をたくさん買っていました。

 

 

夕食:琉球の

tabelog.com

てくてく歩いて到着。居酒屋でオリオンビールで乾杯です(*^^)v

f:id:minami-saya:20190203102827j:image

店内は、ちょっと怪しい雰囲気。

なんだろうなぁ~しいて言えば、新宿のはずれの地下1階みたいな…。いや違うか…。

 

大好きな島らっきょ頼みました。次の朝まで、口から島らっきょ臭がすごかったですが、幼馴染との女子旅なんで特に問題なしです♪

 

あだんの天ぷらというのも頼みました。(味は覚えていません。) 

 

 

3日目:ついに竹富へ!

朝食:ホテルのバイキング

 

喉の痛み・鼻水は悪化の一途をたどっていましたが、気にしないことにします。

10時半、タクシーで港へ向かいます。

 

石垣港

港から……恐怖の船の出発です。

この時、なんと台風近づいており、揺れはマックス!ジェットコースター並みです。転覆するかとおもうほど揺れましたが、めちゃくちゃ三半規管の弱い私でも、10分くらいなので耐えられました!

酔いやすい方、安心してください。バスでもすぐ酔って毎日出社後グロッキーになるような私でも大丈夫。

f:id:minami-saya:20190202031555j:plain

 

着いた竹富島は……楽園です(*^_^*) 

f:id:minami-saya:20190202032210j:plain

 

まずは、水牛車で島内を散策。

f:id:minami-saya:20190526170403j:image

水牛は、途中でおしっこしたり、のんびり歩いていました。添乗員のおじさんは、歌を歌ってくれたり三味線を弾いてくれたりします。


f:id:minami-saya:20190526170410j:image

いたるところにブーゲンビリアとハイビスカス✾

 

 

その後、小浜荘(1泊6000円)へ!!

f:id:minami-saya:20190202032307j:plain

シークワーサージュースをウェルカムドリンクとして出してもらいました。

テンションあがる―(*‘∀‘)!!

f:id:minami-saya:20190528082843j:image

それから自転車を借り、ぜーーったい行きたかったコンドイビーチへ。

ちなみに島内は自転車レンタル一択です!車レンタルはないんですよ~~

竹富島

f:id:minami-saya:20190202021649j:plain

きれい!!!

 

信じられない色。

来てよかった、って心から思いました。

 

クリームソーダ色って言われてるんですって。納得ですよね。

ホントにクリームソーダならストローをさして飲みたいところです。

コンドイビーチ

幸せとはこのこと。こんなに眺めていたいと思った海は、たぶん人生で初めてです。

 

 

さて、海で腹は膨れないってことで、ランチに向かいます。

とその前に、ちろりん村なる所で生マンゴースムージーを飲みました。

 

tabelog.com

生マンゴースムージー ちろりん村

風の通り抜けるお店が気持ちいい。やっぱこうでなくっちゃ。

 

 

ランチ:かにふ

tabelog.com

ランチは、ソーキそば(小)にします。美味しい♪

かにふ ソーキそば

 

それから、カイジ浜に向かいます。
カイジ浜は星の砂で有名です。よく見ると、可愛い星の砂がたくさんあるんです。

カイジ浜 星の砂

 

しゃがみ込み、集中して星の砂を取ります。

一度手のひらに砂をくっつけ、その中から星形のものを選別するという手法にしました。 

カイジ浜 星の砂

小さな星型の砂があるのが見えますか?なかなか気の遠くなる作業です。

 

少したまってきたころ、風が吹いて、すべてを失いました

 

負けてられません。時間はあります。

結局1時間ほどカイジ浜で無我夢中で星の砂を集めていました。

 


民宿、小浜荘に戻ります。

小浜荘は小さな民宿。隣とはふすま?みたいので区切られてるだけで、隣の音はほぼ筒抜けです。シャワーは三つあり、順番に入ります。

でも、最高でした。

 

夕ご飯は、お父さんの手作りなんです。
f:id:minami-saya:20190526170525j:image

ほんとにおいしい!

おとうさんの手料理が大好きでした。

 

小浜荘には、『てんてん』というワンちゃんが放し飼いにされていました。
f:id:minami-saya:20190526170515j:image

 てんてんの可愛さよ。。

老犬だったみたいで、今は亡くなっちゃったみたいですが(>_<)

 

f:id:minami-saya:20190202031718j:plain

 この表情、もうたまらん。ほほ肉を見てくださいよ。

 

 

ご飯が終わったら、一人旅で来ていたおじさん各3人、東京から来ていた30歳くらいの男の子3人、姉妹で来ていた2人、一人旅で来ていた女性1人とみんなで「ゆんたく」しました!

中庭があって、そこでゆんたくできるんです(*^_^*)

 

一人旅で毎年この小浜荘に来ているというベテランのおじさんが、「コーヒーと泡盛を割るといいよ」と泡盛やおつまみを差し入れしてくれました(*^_^*)

 

飲んだ後は、みんなでなごみの塔までお散歩。初めて会った人たちなのにとっても心地よい。

f:id:minami-saya:20190528082904j:image

(落ちていたさとうきびを高々と挙げ、竹富島を味わっているポーズ。)

 

なごみの塔
(なごみの塔からの景色。)


明日には帰るのか…。とさみしくなりながら就寝しました。

この時は…

 

 

 第二弾はこちらです♪

www.minamiuraniwa.com

 

 第三弾、最終回です!

www.minamiuraniwa.com